Affiliate

【ブログ】キラーページを書く際3つの注意点を解説

みなさんこんにちは!Rくん(<a href="https://twitter.com/aru20R">@aru20r</a>)です。

僕は先日、こういった記事を書きました。

先日の投稿

上記の記事を上げたところ、いくつかの質問が来ていました。

その中でも<span class="st-mymarker-s">「キラーページの注意点」</span>についての質問が多かったので、今回はご紹介をしていきたいと思います。

キラーページの注意点

<span class="st-count">アフィリエイトリンク</span>

<span class="st-count">商品の使い方を記載する</span>

<span class="st-count">内部リンクの量</span>

<span class="st-mymarker-s">キラーページを作るには、この</span><span class="st-mymarker-s">3</span><span class="st-mymarker-s">つの注意点を守る必要があります</span>。

あーる
1つずつご紹介するので参考にしてもらえたら嬉しいです!

&nbsp;
<h2 id="mmm">キラーページとは何?</h2>
<img src="https://images.unsplash.com/photo-1561414927-6d86591d0c4f?ixlib=rb-1.2.1&amp;ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&amp;auto=format&amp;fit=crop&amp;w=1000&amp;q=80" alt="各種コインのクローズアップ写真" />

&nbsp;

あーる
ブログ記事には大きく分けて3つあります。

ブログの種類

<span style="font-size: 100%;"><strong>・集客記事</strong></span>

<span style="font-size: 100%;"><strong>・関連記事</strong></span>

<span style="font-size: 100%;"><strong>・収益記事</strong></span>

<span class="st-mymarker-s">この中の</span><span class="st-mymarker-s">3</span><span class="st-mymarker-s">番が「収益記事」が今回ご紹介するキラーページになります</span>。

記事によって書き方が違う為、誤った執筆をして量産してしまうと「<span class="st-mymarker-s">まったく利益が出ないサイト</span>」になってしまう可能性も。

利益化を求める記事を作るなら、これからご紹介する「キラーページの注意点」を参考にしてください。

&nbsp;
<h2 id="mmm">キラーページ注意点:注意すべきこと3つ</h2>
<img src="https://images.unsplash.com/photo-1460925895917-afdab827c52f?ixlib=rb-1.2.1&amp;ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&amp;auto=format&amp;fit=crop&amp;w=1000&amp;q=80" alt="ガラス上のテーブルのラップトップコンピューター" />

&nbsp;
<h3>キラーページ注意点:アフィリエイトリンクはテキスト優先</h3>
アフィリエイトリンクには<span class="st-mymarker-s">「ボタン」と「テキスト」の2種類がありますが、「テキストリンク」を使用するようにしましょう</span>。

<span class="st-mymarker-s">「テキストリンク」の方が「ボタンリンク」よりも、利益率が高いという事が判明しています</span>。

理由は、「ボタンリンク」より「テキストリンク」の方が文章に溶け込ませることが出来るので、クリックがされやすいのです。

ずっとテキストリンクのままだと味気の無いサイトになってしまうので、必要に応じて「ボタンリンク」を使うようにしましょう。

&nbsp;
<h3>キラーページ注意点:商品の使い方を記載する</h3>
先日の記事で、キラーページ作成の当たって導入方法を入れるべきとお話をしました。

<span class="st-mymarker-s">導入文を書き終えた際に「商品の使い方」についても記載しておきましょう</span>。

<span class="st-mymarker-s">商品の使い方が記載されていないと、その商品の使い方を調べようとしてユーザーが離脱してしまうからです</span>。

この後に説明しますが「内部リンク」を貼ったところで、キラーページから離脱されては意味がありません。

<span class="st-mymarker-s">必要な情報は、なるべく</span><span class="st-mymarker-s">1</span><span class="st-mymarker-s">つのページにまとめるようにしましょう</span>。

補足ですが、使い方については「購入前提」で記載すれば、読者に購入してもらいやすくなります。

合わせて読みたい

&nbsp;
<h3>キラーページ注意点:内部リンクの量を減らす</h3>
上記で少しだけお話をしましたが、<span class="st-mymarker-s">キラーページの内部リンクは最小にしましょう</span>。

キラーページの中に<span class="st-mymarker-s">内部リンクがあればあるだけ、離脱率が高くなってしまいます</span>。

逆に言えば、内部リンクとはキラーページへの誘導といっても過言ではありません。

&#x2716;<strong>キラーページ→集客ページ</strong>

<strong>〇 集客ページ→キラーページ</strong>

キラーページを作る際は集客ページも作り、誘導させるようにしましょう。

&nbsp;
<h2 id="mmm">キラーページの注意点:まとめ</h2>
<img src="https://images.unsplash.com/photo-1579621970563-ebec7560ff3e?ixlib=rb-1.2.1&amp;ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&amp;auto=format&amp;fit=crop&amp;w=1000&amp;q=80" alt="茶色の丸いコインの緑の植物" />

&nbsp;

ここまで見ていただきありがとうございました。

今回は<span class="st-mymarker-s">「キラーページの注意すべき</span><span class="st-mymarker-s">3</span><span class="st-mymarker-s">つのこと」</span>についてご紹介してきました。

注意すべき3つのこと

<strong>・アフィリエイトリンク</strong>

<strong>・商品の使い方を記載す</strong>

<strong>・内部リンクの量</strong>

キラーページを書く際は、この3つの注意点を意識して書いてみるといいでしょう。

<span class="st-mymarker-s">キラーページの利益アップのポイントについては下記の記事をご覧ください</span>。

合わせて読みたい

&nbsp;

あーる
ブログを利益化するために頑張りましょう!
  • この記事を書いた人

あーる

当サイト「RIABLOG」では、ブログやアフィリエイトについて記事を書いています。 「ブログを始めたいな」と思っている人の参考になれば嬉しいです。

-Affiliate

© 2020 RIABLOG Powered by AFFINGER5